手作り石鹸では、家族の石鹸も作れます☆

 

原料のオイルの種類をかえたり。

水分量の半分を母乳に変更したり・・・。

家族の大好きな香り(エッセンシャルオイルなど)を入れてみたり。

 

母乳石鹸」と、「BABY石鹸」をご紹介します☆

◆BABY石鹸 (ベビー石鹸)

 

「BABY石鹸」

 

 マルセイユ石鹸のレシピ(※)をベースに、

 ココナツオイルのかわりに、パーム核油に

 置き換えて作りました。

 

 手作り石鹸はやさしい石鹸ですが、

 さらに刺激を少なくするための工夫です。

 

 無香料・無着色で作成すれば、さらに刺激も

 クセもなくなりますね。

 冬であれば、シアバターなどの保湿成分を配合しても

 いいかもしれません。

 

 もちろんBABY以外でも使えますね。

 

 

 

 

 ※マルセイユ石鹸

 原料のオイルの72パーセントがオリーブオイルで出来ている石鹸。

 オリーブオイル、パームオイル、ココナツオイルの三種類を原料にしている

 マルセイユ地方でレシピが考案されたものです。

 オイルは時間が経つと酸化していきますが、この三種類のオイルは酸化しても

 肌への悪影響がないとされており、長期間の保存が可能としています。

◆母乳石鹸

 

「母乳石鹸」

 

 牛さんの、牛乳石鹸もあるのですから・・・。

 期間限定の母乳石鹸を作るのはどうでしょうか。

 石鹸を作る人たちの間では、結構メジャーな母乳石鹸ですが、

 一般の方には、抵抗があるかもしないですね??

 

 石鹸を作る際に必要な水分のうち、半分ほどを母乳に

 置き換えて作ります。

 

 出来上がりの石鹸は、真っ白!にはなりませんが、

 自然なクリーム色になります。

 記念に作りたい石鹸のひとつです。